豊田ドローン協会 会則

名称

第1条  本会は、豊田ドローン協会と称する。英文では、Toyota Drone Associationと表示し、略称を、TDAとする。

事務局

第2条  本会は主たる事務局を豊田市内に置く。

目的

第3条  本会はドローンの利活用を開発、研究する企業の連携体で、ほかの企業ネットワークおよび支援機関と連携して、会員会社の経営強化を図ることで、地域産業の活性化や社会に貢献することを目的とする。

事業

第4条  本会は、第3条の目的を達成するために、支援機関と連携、協力して次の各号の事業を行う。

(1)販路開拓、協業事業、新規事業推進に係る広域連携事業

(2)会員会社の経営強化に係る支援事業

(3)会員相互の情報交換、会員のための情報提供および活動支援事業            

(4)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

会員

第5条  本会の会員は、本会の目的に賛同して入会した個人事業主または法人とする。

2. 会員は、可能な限り会合等に参加して積極的に会員活動を行なわなければならない。

入会

第6条  本会の会員になろうとする者は、入会申込書を事務局に提出し、幹事会の承認を得なければならない。会費については幹事会の承認を得た後、納めるものとする。

入会申込書の届出様式については、別に定める細則による。

会費

第7条  会費については、別に定める細則により徴収する。

退会及び資格の喪失等

第8条  退会及び資格の喪失は、次の各号によるものとし、その届出・通知様式は別に定める細則による。                                                   

(1)会員からの退会申し出があった場合                                                 

(2)会費を一定期間納入しなかった場合                                                 

(3)幹事会全員の総意により、除名する場合

入会金・会費の不返還

第9条  既納の会費は、いかなる理由があっても返還しないものとする。

役員および会議の種別

第10条 本会の会議は総会及び役員会の2種とし、総会は通常総会及び臨時総会とする。

2.役員は総会において、会員の構成員の中から選任し、会長1名、副会長2名、会計1名、書記1名、事務局長1名を置くものとする。ただし、兼務を妨げない。

役員の任期

第11条 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。

2.補欠による役員の任期は、前任者の残任期間とする。

3.役員は、任期満了の場合においても、後任者が就任するまでは、前任者がその職務を行わなければならない。

解任

第12条 役員として相応しくない行為があったとき、又はその他特別な事情があるときは、総会の議決に基づいて解任することができる。

総会

第13条 総会は、毎事業年度終了後3か月以内に開催する。

2.総会は、次の事項を議決する。                                                

 (1)予算・決算報告と事業計画の決定                                                 

 (2)予算・決算承認と監査への対応・事業報告の承認

 (3)その他本会の事業運営に関する重要な事項について                                  

3.本会の事業推進のために総会に付議すべき案件がある場合、役員会の決議を経て、臨時総会を適宜開催することができる。

4.総会は、正会員総数の2分の1以上(委任出席を含む)の出席をもって成立する。議事案件は出席者(委任出席を含む)の過半数の同意により議決されるものとする。委任状の届出様式は別に定める細則による。

5.総会の議長は、会長とする。 

役員会

第14条 役員会は、役員をもって構成し、会長が必要に応じて招集し、開催する。通常開催は四半期に1回とする。

 2.役員会は、次の事項を議決する。                                  

 (1)総会議決事項の執行                                                        

 (2)臨時総会への付議                                                

 (3)会員の入会・退会等に係る手続き                                                  

 (4)会則の変更                                                         

 (5)その他総会の議決を要しない事項                                      

 3.役員会は、役員総数の2分の1以上(委任出席を含む)の出席をもって成立する。議事案件は出席者(委任出席を含む)の過半数の同意により議決されるものとする委任状の届出様式は別に定める細則による。

 4.役員会の議長は、会長が務める。

事務局

第15条 本会は、事務を処理するために事務局を置く。

2.事務局には事務局長を置き、事務を統括する。

3.事務局の組織及び運営に関し必要な事項は、役員会の議決を経て別に定める。

委員会

第16条 本会は、事業の円滑な遂行を図るため、役員会の議決を経て、委員会を設けることができる。

 2.委員会は、委員をもって構成し、委員長が必要に応じて招集し、開催する。通常開催は毎月1回とする。

 3.委員会は、事業・活動の企画実施機関として役員会で決定した事業や活動を具体化し実施運営する。

 4.委員会は、事業の進捗について、役員会に報告する。                  

施行細則

第17条 本会則の施行について必要な事項は、会長が役員会の決議を経て別に定める。

事業年度

第18条 本会の事業年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。

附則

1.本則は、2019年1月1日から施行する。